留学する前に考えるべきこと

仕事終わりも近づいてきていよいよ留学準備で頭がいっぱいになる時期になってきました!!
どんなに忙しくても、お別れ会やっていただくと、そういう気持ちになりますよね。
実際会社行きたくない日も多いのですが(笑)、やはり寂しい気持ちになります。

 

ところで私は今年で29歳なのですが、やはり年齢は気にしてしまいますね。
女の人って生物・ホルモンの点で男の人とはやはり違うので、今後の予定はうっすらとでも考えておきたいなと思います。個人的に。
また年齢のことでも留学するのには結構考えなくてはいけないことがたくさんありますよね。
今回はそちらについてシェアしたいと思います。


留学したい!と思った時に誰もが考えること・・・私なりに絞って下記3つになりました。
1. 目的、留学後の就職
2. 資金
3. 言葉の問題

 

1. 目的、留学後の就職

当たり前なのですが、留学する理由を明確にしておかないと時間とお金を無駄にすることになりかねないです。
特に卒業後現地就職を目指す場合は、ただでさえ外国人であるが故ビザの面から雇われにくいのに、学生時代に自分の強みをみつけられていないとより就職活動は厳しくなると思います。
卒業後帰国して日本で就職する場合は英語と社会人常識があればなんとかやっていけるとは思いますが、せっかくなら卒業+αの強みがあると満足度の高い留学となり、また日本でも希望する仕事に就きやすいのではないかと思います。

ちなみこんな偉そうなことを言っている私は、カナダで2年間学生した後Online Media系またはクラウド、ソフトウェア系の会社で現地就職したいと思っています。
職種や専門分野はまだはっきりとは決めていませんが、取得したいスキルや興味のある会社を日々調べています。

 

2. 資金

個人のお財布状況によると思いますが、現実的かつ避けては通れない問題です。
ワーホリでしたらそこまでお金は必要ではないかもしれませんが、留学するとなるとだいぶ削れない費用がかかってきます。
学費以外にも追加でかかる費用、渡航費や家賃、保険など計算してみたらええええ!という見えない費用が以外にあります。そしてそういう費用ほど学校のウェブサイトの分かりにくいところに書いてあるんですよね・・・怒

また留学するにあたり、言語能力の証明が必要になると思います。
私はカナダですので英語、IELTSを受験したのですが、なんと1回25,000円ちょっとかかりました。
本当に怒りしかないのですが、元々留学や移民になりたい人のためのテストなので、この金額は本気さを試されているものだと思えば妥当かなと思います。(それでも高いことに代わりはありませんが)
TOEFLもありますがUSDでの受験料なので今は20,000円くらいと安めです。
TOEICも使える学校はありますが、はっきり言ってTOEICで入っても、入ってから苦しみ卒業できなくなるんじゃないかと心配になってしまいます。
むしろTOEICで入れる学校に悪意を感じるくらいです。学費だけ取って、卒業させる気あるのかと・・・それくらい違います。
最終的にTOEICのスコアを使ったとしても、IELTSかTOEFLを一度は受けたほうが自分のためなんじゃないかというのが個人的な意見です。

 

3. 言語能力

目的にもよりますが、お金で解決できない問題です。
そして言語能力をあげるには時間がかかります。
どんなにお金を払っても、結局本人の努力でしか取得することができないので。
そんなに語学力がなくても入れるプログラムもあります。
けれど、結局言葉が使えないと生活してく上で苦労します。場合によってはバカにされるかもしれないです。
そんな悔しい思いするなら留学を焦る前に日本でそれなりに練習するべきだなと思います。

私は上↑に書いた通りIELTSを受けましたが、学校の入学基準に達するまで2回受験しました。
渡航の目標日を決めてから4か月弱、毎日毎日IELTSの特訓しましたよ・・・朝から晩まで暇があれば仕事中も。
結構しんどかったですが、そのおかげで今長文アレルギーとか全くないです。会話も割とスムーズになりました。
大学院留学だともっと上のスコアを求められるので、元のレベルにもよりますが、相当努力しないといけないなと思います。

 

今にいたるまで自分が何を考えてきたか思い出しましたが、留学してからもやはりこの3つがコアになってくるんじゃないかと思います。
私は哲学者かと言われるくらい熟考するタイプなので考えすぎなこともありますが、自分が納得する結果にするためにはその時その時でやれるだけやる!というのが大切だなと思います。
具体的な話IELTSとかについては別の記事で書きたいと思います。